MENU

腸内口臭をどうにかしたい!原因は何?治し方はどうやるの?

発生してしまったのなら、どうにかしたいのが腸内口臭です。
今回は、
・腸内口臭とは? その原因は?
・なりやすい人とは?
・治し方は?
についてご説明いたします。

 

腸内口臭とは? その原因は?

いわゆる口臭とは少々異なります。

 

口臭の原因として、多いのは、
・歯磨きをきちんとしていない
・虫歯が臭ってしまう
・口内が乾燥して、菌が臭いを発生させている
・タバコやコーヒーなど嗜好品の臭い
・にんにくなど臭いの強い食べ物による臭い
などです。

 

しかし、腸内口臭は、腸内の環境が悪化することで起きているものです。
先に挙げた口臭とは、原因以外にも違いがあります。
それは臭いです。
腸内が原因のため、オナラや便、あるいはそれらが腐ったような臭いがするのが腸内環境由来の口臭です。
そもそも、口から異様な臭いを発していること自体、辛いのですが、オナラや便のような臭いだなんて…恐ろしいです。

 

ご自身の口臭がどちらであるかわからないときは、マスクを使用すると判断しやすいかと思います。
マスクをしたまま、息を喉の奥から吐いてください。
このとき、便などの臭いに近い場合は、腸内環境が原因の口臭である可能性が高いです。

 

それでは、そもそも、なぜ、腸内の環境が悪化したことで口臭が発生するのかと言いますと、腸内で悪玉菌のほうが善玉菌よりも優勢になってしまうことが発端です。
悪玉菌が優勢になると、腸内環境が乱れてしまい、排泄物が溜まりやすくなります。
便秘になりやすいのです。

 

そして、便秘になってしまうと、便が排泄されずに体内に留まります。その留まっている間中、便は腐敗を続けているのです。
そして、腐敗を続ける中で、有毒物質を体内で作り出します。
作り出された有毒物質は血液に混ざり込みます。
血液に混ざって、全身を巡ってしまいます。

 

体中を循環する中で、肝臓を通る際に有毒物質自体はきれいにされます。
しかし、それが間にあわなかった場合は、有毒物質が肺に運ばれてしまいます。
そして、呼気として臭いを有した状態で出てきてしまうのです。
ちなみに、便秘が続いて症状が悪化すると、毛穴や汗から臭いが漂うこともあるそうですので、気づいたら、早急に手を打ちたいところです。

 

なるほど。便が腐敗するため、便のような臭い、あるいは便が腐ったような臭いがしてしまうのですね。
通常の口臭とは大いに異なることがわかりました。
では、どのような人がなりやすいのでしょうか?

 

腸内環境が悪くなりやすい人について

ずばり、便秘がちな方です。
便秘が慢性化している場合は、もしかすると、すでに腸内口臭が発生している可能性もあります。
常に自身の口から漂う臭いというものは、ご自身では気づきにくくなってしまう場合もあります。
マスクを装着して、臭いを確かめられることをおすすめいたします。

 

では、もし、腸内環境の悪化によって口臭が発生してしまったらどのように対処すればいいのでしょうか?
治し方はあるのでしょうか?
続いてみていきましょう。

 

治し方について

治し方は、腸内の環境を整えること、つまり、善玉菌を優勢にすることです。
そうすることで、便秘解消にも繋がります。
そのためには、生活習慣や食生活などに気を付ける必要があります。

 

運動を取り入れる

軽い運動をすることで、血流がよくなり、腸の動きも活性化します。
ハードな運動は難しいかもしれませんが、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動でもかなり違ってきますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。
とは言え、ジョギングやウォーキングとなると、基本的には外で行う必要があります。
毎日、外で運動するのは時間的に厳しい、という方もおられるかと思います。
そのような方は、室内で簡単なストレッチやヨガのポーズをするだけでも大丈夫です。
様々なストレッチやヨガの方法はインターネット上でたくさん紹介されています。
動画共有サイトでは、ヨガのインストラクターが丁寧に教えてくれる初心者向け動画なども無料で見ることができますので、ご参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

ストレス発散

ストレスも便秘の原因になると言われています。
また、便秘だけではなく、肌荒れなど、様々な症状の要因になるため、なかなか、ストレスをゼロにすることは難しいですが、少しでも軽減させるようにしましょう。
ちょっとした時間で、体を動かす、アロマなど癒しのアイテムを利用する、溜め込まないで誰かに愚痴をきいてもらうなどでも、かなり心の負担が軽減されるものです。
ご自身に合う方法を見つけて、出来る限り、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

 

善玉菌を増やす食事

善玉菌を増やすには、乳酸菌を多く含む食べ物や、善玉菌のエサとなる食べ物を摂取することがいいでしょう。
特に、乳酸菌を多く含む納豆やヨーグルトなどの発酵食品の摂取がおすすめです。
また、食物繊維を多く含む食べ物も、便秘解消策としておすすめです。

 

ただし、乳酸菌は、腸まで生きて届いてこそ意味があるとも言われていますので、出来る限り、長く生きて、腸に到達するタイプのものを選びましょう。
それには、どのような乳酸菌が含まれているのか記載されているタイプのヨーグルトがいいでしょう。
もしくは、手っ取り早くサプリメントで補うことも手です。

 

お勧めの乳酸菌サプリ

サプリメントを使った治し方でおすすめなのはカルグルトです。
なぜなら、カルグルトに含まれている5種類の乳酸菌は腸全体に届きやすいからです。

 

カルグルトに含まれているのは、

 

・ビフィズス菌ビースリー…生きて腸まで到達しやすく、すっきりをサポートしてくれる乳酸菌です。
・ラクリス-S…生きたまま腸に達し、長時間定着すると言われています。腸内の環境を整えるのに最適です。
・乳酸菌抽出物LFK…ビタミンやミネラルなど栄養素を豊富に含有しており、体内環境をサポートするだけではなく、肌荒れ改善にも期待ができる万能な乳酸菌です。
・ラブレ菌…漬物から発見された乳酸菌です。酸などに強い特徴がありますので、胃酸にも強く、体内で生き残る可能性が高いです。
・ガセリ菌…腸に到着して、生きたまま長らく定着しやすいです。免疫力アップとアレルギー緩和、美肌への作用、内臓脂肪の提言などの効果にも期待が持てる乳酸菌です。

 

いずれも、嬉しい効果を期待できる乳酸菌ばかりです。
しかも、公式通販サイトでお試しコースにて購入すると、定価から約87%OFFの980円(税込)で、しかも、送料・手数料無料にて購入できてしまいます。
初回は大変お得ですし、2回目以降のお届けも約50%OFFの3,980円(税込)で購入できます。
賞味期限も製造より2年と長いため、それほど日持ちのしないヨーグルトを続けるよりもお手軽です。

 

⇒生きて腸まで届く乳酸菌!カルグルトの詳細はこちら

関連ページ

痩せる体質をつくる! 痩せ菌を増やす方法とは?
痩せる体質をつくる! 痩せ菌を増やす方法とは? 痩せる体質をつくって肥満予防をしましょう。痩せ菌を増やす方法についてまとめています。
なぜ痩せ菌を増やすとダイエットできるの?
なぜ痩せ菌を増やすとダイエットできるのでしょうか? どうして痩せ菌を増やすことでダイエットができるのかについて詳しく調べました。
痩せ菌を増やすための食べ物ベスト5とワースト5!
痩せ菌を増やすための食べ物ベスト5とワースト5について。痩せ菌を増やすのにいい食べ物とよくない食べ物、それぞれ5つあげていますのでダイエットのご参考になさってください。
痩せ菌を増やすとどのような効果が期待できるのか
痩せ菌を増やすとどのような効果が期待できるのでしょうか? 痩せ菌を増やすことで期待できる効果についてまとめていますのでご覧ください。
腸内環境が悪くなる原因とは?
腸内環境が悪くなる原因、それは、一体、何なのでしょうか? 腸内環境が悪くなる原因について調べて書いていますので、ご覧ください。
腸内環境を改善するのにおすすめな方法とは
腸内環境を改善するためのおすすめな方法とは? 腸内環境を改善するためのおすすめの方法についてまとめていますのでご覧ください。
腸内環境の改善に役立つ食べ物とは?
腸内環境の改善に役立つ食べ物とは? 腸内環境の改善にいいとされている食べ物について、なぜいいのかその理由とともに掲載しています。
腸内環境とアレルギーの関係について
腸内環境とアレルギーは関係があるのでしょうか? 腸内環境を整えることでアレルギーが改善できるのかどうか、また、その方法についても説明しています。
腸内環境が悪いとうつ病になる? 原因と対処法について
腸内環境が悪いとうつ病になる? その原因と対処法は? 腸内環境が悪いとうつ病になってしまう可能性があります。原因と対処法について書いています。
腸内環境が乱れると花粉症が悪化する?
腸内環境が乱れると花粉症が悪化すると言われています。なぜ、腸内環境が乱れると花粉症が悪化してしまうのかについて詳しくまとめています。
腸内環境と口臭の驚くべき関係とは?
腸内環境の乱れと口臭には関係があります。腸内環境と口臭の関係とはどのようなものなのかについて詳しく調べましたのでご覧ください。
腸内環境はニキビにどう影響する?
腸内環境はニキビにどのように影響するのか。腸内環境がニキビにどのような影響を及ぼしてしまうのかについてまとめていますのでご覧ください。
腸内環境が悪いときの症状とその理由とは?
腸内環境が悪いときの症状とその理由について。腸内環境が悪いと出てきてしまう症状と、その理由を掲載していますのでご覧ください。