MENU

痩せ菌を増やすためのおススメ食べ物ベスト5とおススメできないワースト5!

痩せ菌を増やして、太りにくい体質へと変えていくためには、どんな食べ物が効果的なのでしょうか。
これから、ベスト5としていい食べ物を5つ、そして、ワースト5としてよくない食べ物を5つ紹介します!
ダイエットのご参考になさってくださいね。

 

痩せ菌を増やすのにいい食べ物ベスト5

痩せ菌を増やすためには、善玉菌を増やして、腸内の環境を整えることが重要です。

 

1.オリゴ糖
→善玉菌を増やす効果のある代表格は、オリゴ糖です。
色々な摂取方法がありますが、手軽なのは納豆です。
納豆には大豆オリゴ糖なる成分が含まれており、腸内で善玉菌が大豆オリゴ糖を食べてくれます。
そして、食べることによって、善玉菌が増殖するのです。

 

また、納豆自体に、悪玉菌の増殖を抑える作用がありますので、かなりおすすめです。

 

しかし、納豆は好き嫌いがかなり分かれるかと思いますので、納豆が苦手な方は、他のオリゴ糖を含む食材で代用しましょう。
オリゴ糖を含む食材としては、
・ごぼう
・玉ねぎ
・きな粉
・ハチミツ
・バナナ
などがあります。

 

2.海藻類
→水溶性食物繊維は糖質や脂質の吸収率を下げる作用、そして、毒素を取り除くというデトックス作用を持っています。
食物繊維は腸内で、善玉菌のエサになりやすいため、腸内環境が整えられることに期待ができます。
色々な食材に含まれているのですが、海藻なら、味噌汁などのスープに入れる具材としても使いやすいですし、海藻サラダにしてもOKですよね。
食事に取り入れやすく、摂取しやすいので、おすすめです。

 

3.大麦
→こちらも、水溶性食物繊維を含んでいます。
普通の白米に、少し、大麦を加えるだけでかなり違ってくるかと思いますので、ぜひ、お試しください。
すべて大麦にしてもいいのですが、白米の方が安価です。
混ぜて使うことで、食費をそれほどアップさせなくても続けられますね。

 

4.オリーブオイル
→オリーブオイルには、オレイン酸が含まれています。
オレイン酸は、は便秘解消にもいいとされている成分です。
便秘が解消されると腸内の環境も整いますので、痩せ菌を増やすチャンスとなります。
そのまま飲む方法もありますが、香りはするものの味があるわけではないので、継続はなかなか厳しいかもしれません。
調理の際、またはドレッシングなどに、オリーブオイルを使うようにしましょう。

 

5.らっきょう
→らっきょうには、腸内細菌のバランスを改善し、整腸する作用があります。
こちらも水溶性食物繊維をたくさん含んでいるのです。
しかも、付け合せとして、摂取しやすいのでおすすめです。

 

一気にすべてを摂取しなくても、日々、少しずつ取り入れていくといいですよね。

 

腸内環境に悪い食べ物

砂糖や脂質は、悪玉菌を増やす傾向にあります。
ですので、痩せ菌を増やすためにも、過剰に摂取するのは避けましょう。

 

1.ポテトチップス
→無難なお菓子の代表格ですよね。料理にも使えて便利ですし、あまりポテトチップスが苦手という方が多くないため、パーティーなどでも登場しがちです。
しかし、油で揚げていますよね。さらに、薄いので、かなりの油を吸収しています。
脂質たっぷり、というわけなのです。
適度な摂取ならいいかと思いますが、大量に摂取するのは控えましょう。
また、ポテトチップスに、甘いジュースなどを合わせてしまうと、砂糖も加わるためよくありません。
合わせる飲み物としては、お茶やミネラルウォーターなどがいいでしょう。

 

2.ケーキ
→例えば、シンプルなホワイトケーキです。生クリームにもスポンジにも砂糖がたっぷり含まれています。
食後のデザートなどでちょっと食べる分には問題ないかと思いますが、毎日継続して食べる、大量に食べるなどはダイエットのためにも健康のためにも控えてくださいね。

 

3.アイスクリーム
→砂糖も脂質も高い傾向にあります。
口の中がすっきりするため、食後に食べたくなることがありますが、摂取量はほどほどにしてくださいね。
また、砂糖の使用量が少なく、脂質の低いものを選ぶようにしましょう。

 

4.油菓子(油で揚げた甘いお菓子)
→脂質と砂糖、ダブルで備えてしまっています。ただ、油菓子をたくさん食べると、胃がもたれやすいため、過剰摂取する機会が少ないかと思います。
ですので、4位にしました。

 

5.味付けの濃厚なもの
→これは、食材の種類ではないですが、重要なことなので、あえてワーストに入れました。
濃い味というのは、食欲を増殖させる作用があります。
ですので、砂糖や脂質を多く含むものでもたくさん食べてしまう可能性が高まるのですね。
特に、デザート類や揚げ物系は、薄味のものを選ぶようにしましょう。

 

あまりよくない食べ物だからといって、絶対に食べないようにするのではなく、控えるだけでOKです。
ダイエットのためには、何よりも、善玉菌である痩せ菌を増やすことを心がけましょう。

 

【関連記事】⇒なぜ痩せ菌を増やすとダイエットできるの?

関連ページ

どうにかしたい! 腸内口臭の原因と治し方について
腸内口臭の原因とは? そして、治し方とは? 腸内口臭とは何なのか、その原因、さらに治し方についての記事です。
痩せる体質をつくる! 痩せ菌を増やす方法とは?
痩せる体質をつくる! 痩せ菌を増やす方法とは? 痩せる体質をつくって肥満予防をしましょう。痩せ菌を増やす方法についてまとめています。
なぜ痩せ菌を増やすとダイエットできるの?
なぜ痩せ菌を増やすとダイエットできるのでしょうか? どうして痩せ菌を増やすことでダイエットができるのかについて詳しく調べました。
痩せ菌を増やすとどのような効果が期待できるのか
痩せ菌を増やすとどのような効果が期待できるのでしょうか? 痩せ菌を増やすことで期待できる効果についてまとめていますのでご覧ください。
腸内環境が悪くなる原因とは?
腸内環境が悪くなる原因、それは、一体、何なのでしょうか? 腸内環境が悪くなる原因について調べて書いていますので、ご覧ください。
腸内環境を改善するのにおすすめな方法とは
腸内環境を改善するためのおすすめな方法とは? 腸内環境を改善するためのおすすめの方法についてまとめていますのでご覧ください。
腸内環境の改善に役立つ食べ物とは?
腸内環境の改善に役立つ食べ物とは? 腸内環境の改善にいいとされている食べ物について、なぜいいのかその理由とともに掲載しています。
腸内環境とアレルギーの関係について
腸内環境とアレルギーは関係があるのでしょうか? 腸内環境を整えることでアレルギーが改善できるのかどうか、また、その方法についても説明しています。
腸内環境が悪いとうつ病になる? 原因と対処法について
腸内環境が悪いとうつ病になる? その原因と対処法は? 腸内環境が悪いとうつ病になってしまう可能性があります。原因と対処法について書いています。
腸内環境が乱れると花粉症が悪化する?
腸内環境が乱れると花粉症が悪化すると言われています。なぜ、腸内環境が乱れると花粉症が悪化してしまうのかについて詳しくまとめています。
腸内環境と口臭の驚くべき関係とは?
腸内環境の乱れと口臭には関係があります。腸内環境と口臭の関係とはどのようなものなのかについて詳しく調べましたのでご覧ください。
腸内環境はニキビにどう影響する?
腸内環境はニキビにどのように影響するのか。腸内環境がニキビにどのような影響を及ぼしてしまうのかについてまとめていますのでご覧ください。
腸内環境が悪いときの症状とその理由とは?
腸内環境が悪いときの症状とその理由について。腸内環境が悪いと出てきてしまう症状と、その理由を掲載していますのでご覧ください。