MENU

乳酸菌が妊婦になんでいいの?その理由はこれ!

乳酸菌と言えば、腸内環境を整えるという効果が一番有名ですが、それだけではないんです。

 

 

乳酸菌を取った方が良いのは、年齢や性別に関係なく、誰でも積極的に補給したいところなのですが、特に妊婦さんも取っていきたいんです。

 

乳酸菌を妊婦さんが補給することによって、妊娠中の悩みを軽減したり、生まれてくる赤ちゃんの体質にもいい影響があるんです。

 

 

○妊娠中の便秘対策

 

妊娠中は、赤ちゃんがお腹にいる影響で、子宮の周りの内臓が圧迫されて、便秘体質になってしまいます。

 

普通の人であれば、便秘薬を飲んだり、腹筋運動をしたりなどで対策が取れますが、妊婦さんはそんなわけにはいきません。

 

おなかの赤ちゃんに悪影響がでてしまいます。

 

そこで乳酸菌の出番というワケです。

 

乳酸菌は便秘薬のように、内臓を無理やり動かしたりしないので、辛い妊娠期間の便秘をやさしく改善することができます。

 

 

○赤ちゃんがアレルギーになりにくくなる

 

例えばお母さんがアレルギー体質であっても、乳酸菌を積極的に取ることで、生まれてくる赤ちゃんのアレルギー体質が弱まるという結果が出ています。

 

特に、アトピー性皮膚炎の発症率が半分以下になるというデータがあります。

 

アトピーやアレルギーは、生まれてからとても辛い思いを赤ちゃんに味合わせてしまいますから、できれば健康に育ってほしいもの。

 

乳酸菌でそれらを防げるなら、しっかりと補給しておきたいですね。

 

 

このように、妊婦さんにとって乳酸菌が必要であることは明確ですが、妊娠中となると乳酸菌を取るための食べ物には注意しておきたいものもあります。

 

例えば、漬物にも乳酸菌はたくさん含まれているのですが、その塩分には要注意!

 

同じ理由で、味噌や醤油などの調味料にも気を付けていかないといけません。

 

妊娠期間中の塩分の過剰摂取は赤ちゃんに影響が出るだけでなく、高血圧になってしまう可能性があります。

 

出産時にリスクが出てしまうので、できれば避けていきたいところです。

 

 

では、妊娠中にも食べやすい乳酸菌入りの食べ物はというと、ヨーグルトが最適です。

 

プレーンタイプであれば糖分を気にしなくても良いのでよりオススメ。

 

もし甘味がほしいという時には、オリゴ糖で甘味を足すと良いでしょう。

 

オリゴ糖は乳酸菌のはたらきを活性化する効果がありますし、他の糖分と違って血糖値が急上昇しないので太りにくいのがポイントです。

 

 

一度にたくさんのヨーグルトを食べるのは大変ですし、逆に体調を悪くしてしまったら意味がありません。

 

1日個包装の1カップから始めたりなど、うまく習慣づけていけると良いですね。

 

食べるのが辛いという方には、乳酸菌のサプリメントも有効です。

 

配合されている成分に、アレルギーを起こすものがないかなどをチェックして、飲み始めてみると良いですよ。

 

どんなサプリメントがいいのか、飲んでも大丈夫なのかが不安な時には、医師や薬剤師に相談してみてください。

 

 

妊婦さんが毎日健康に過ごしていくために必要な乳酸菌、毎日の習慣としてこれからスタートしてみては。

関連ページ

乳酸菌が母乳を健康にしてくれる!?
乳酸菌が足りているママの母乳と、足りていないママの違いとは?乳酸菌が母乳に与える影響について詳しく解説しています。
乳酸菌で効率のいいダイエット?余計なものを溜めこまないのが一番!
乳酸菌を取ることでダイエット成功率がグンとアップします。ダイエットと乳酸菌の関係とは、何なのでしょうか。
乳酸菌でニキビ対策も!腸内環境から整えよう!
ニキビに悩む人は乳酸菌が足りていないかもしれません。乳酸菌を取ることでニキビを改善できるメカニズムを解説しています。
肌荒れ改善のために老廃物をなくそう
あらゆる肌荒れ対策に、乳酸菌をとって体の中から綺麗になりましょう。肌荒れにも乳酸菌、その理由をご紹介しています。