MENU

乳酸菌でニキビ対策!コツは腸内環境を整えることから!

年齢に関係なく、肌にポツポツとできてしまうニキビ。

 

治すためにスキンケアに力を入れているという方、まずは食生活を見直してみるとニキビを減らすことができるかもしれません。

 

そして、同時に乳酸菌を多く含む食べ物を取ると、からだの中からニキビの原因をなくすことができるでしょう。

 

 

・ニキビの原因

 

ニキビの原因は様々ですが、まず思春期に見られるニキビの原因は、過剰に分泌される皮脂にあります。

 

思春期には女性も男性もホルモンのバランスが変わってきて、それに伴って皮脂の分泌量が多くなります。

 

分泌された皮脂は時間が経つと酸化して黒くなったり、毛穴に詰まって固くなります。

 

するとふさがった毛穴が炎症を起こしたり、雑菌が繁殖して赤く膿んだりもします。

 

 

次に思春期以降にできるニキビの原因ですが、こちらもホルモンバランスの変化が原因です。

 

しかし、思春期とは違って、肌が乾燥することで皮脂分泌量が増えて雑菌のエサになってニキビができることもあり、この場合には丁寧な保湿ケアが必要となります。

 

 

さらに、体内の老廃物から発生する有毒ガスによるニキビもあります。

 

これは、便秘などによって体内に長くとどまってしまった老廃物から、有毒ガスが発生するのですが、それが血液に乗って全身にめぐってしまうことが原因です。

 

肌表面に出ようとするために、ニキビが出てしまうんです。

 

これは、油っぽい食事をとった場合にも似ていて、体内で処理しきれなかった脂肪分が肌表面にニキビとなって出てきてしまいます。

 

 

・ニキビと腸内環境

 

思春期ニキビの場合には、丁寧に洗顔をして、その後化粧水や乳液で肌を保護することが大切なのですが、思春期ニキビでも大人のニキビでも、腸内環境を整えて、老廃物を溜めない体、余分な脂肪分を吸収しない体にすることも改善のひとつの方法です。

 

腸内環境が整うと、便秘状態がまず改善していきます。

 

すると有毒ガスも発生しにくくなりますし、それによってニキビができるのを防ぐことができるんです。

 

 

・ニキビと乳酸菌

 

腸内環境を効率よく整えるために、乳酸菌を多く含む食べ物や、サプリメントで補っていくのが効果的です。

 

乳酸菌には、腸内の悪玉菌を退治して有毒物質がうまれるのを防ぎ、さらに便の発酵を進めて外へ出しやすくしてくれます。

 

また、乳酸菌自体に免疫力を向上させる働きがあり、肌の抵抗力を高めてくれます。

 

さらに、老廃物が溜まらない環境になることで、肌荒れを改善するための栄養素を吸収しやすくなるので、乳酸菌を取ることは美肌作りに繋がっていくと言えます。

 

 

・乳酸菌を続けるコツ

 

乳酸菌を含む食べ物はたくさんありますが、その中から自分が食べやすいものを選んで続けていきましょう。

 

ヨーグルト、チーズ、キムチ(乳酸発酵の漬物)などがあり、比較的低カロリーなものばかりです。

 

また、サプリメントの場合は一度にたくさんの食べ物を食べなくていい点がメリット。

 

食事からでも、サプリメントからでも、続けていきやすい方法を選んでみてください。

 

関連ページ

乳酸菌が妊婦に良いその理由
妊婦さんは口に入るものに気を遣いますが、乳酸菌は取った方が良いと言われます。乳酸菌が妊婦さんに及ぼす影響とは一体何なのでしょうか。
乳酸菌が母乳を健康にしてくれる!?
乳酸菌が足りているママの母乳と、足りていないママの違いとは?乳酸菌が母乳に与える影響について詳しく解説しています。
乳酸菌で効率のいいダイエット?余計なものを溜めこまないのが一番!
乳酸菌を取ることでダイエット成功率がグンとアップします。ダイエットと乳酸菌の関係とは、何なのでしょうか。
肌荒れ改善のために老廃物をなくそう
あらゆる肌荒れ対策に、乳酸菌をとって体の中から綺麗になりましょう。肌荒れにも乳酸菌、その理由をご紹介しています。