MENU

乳酸菌で効率よくダイエット?いらないものを溜めこまないのが一番!

乳酸菌を多く含む食品、例えばヨーグルトやチーズ、キムチなどのお漬物が思い浮かびますが、それらの食べ物にはダイエット効果が秘められているのをご存知ですか?

 

言い換えると、それらの食品自体にではなく、乳酸菌によるダイエット効果がとっても大きいんです。

 

 

乳酸菌がたっぷり存在する体内では、老廃物を溜めない流れが出来上がっていきます。

 

食べたものや飲んだものを消化分解して、残ったものが便となりますが、その便を発酵させて外へ出そうとしてくれるのが乳酸菌なのです。

 

また、便から発生する有毒な物質を分解してくれるのも乳酸菌であり、いわば体内を大掃除してくれているというわけ。

 

 

逆に、乳酸菌が不足すると、便の発酵が遅れて外に出にくくなりますし、そのときに発生する有毒物質を処理できずに体内にめぐってしまい、肌荒れなどの悪影響を及ぼします。

 

また、老廃物が溜まった腸内では必要な栄養素を吸収することもできなくなり、逆に余分な糖分や脂肪分を蓄えてしまいます。

 

するとどうなるかというと、便秘状態が酷くなるだけでなく、食事の量は少ないのに太ってしまうなどのトラブル続きに。

 

便が溜まるということはそれだけ体重が増えていくので、また食べる量を減らして体重を減少させようとしますが、それは逆効果。

 

食べる量が少なければ腸はますます動かなくなって、便秘状態に拍車をかけるのです。

 

 

では、そんな事態にならないためにはどうすればいいのか。

 

・極端な食事制限をしないこと
・ダイエット中でもバランス重視の食事にすること
・水分をしっかりと取って腸の動きを促すこと

 

こうした注意点を守りながら、さらに乳酸菌を補給して正しく働かなくなった腸を目覚めさせてあげましょう。

 

 

乳酸菌を取る→腸内環境が整う→老廃物が外へ出る→体すっきり!肌荒れなども改善!

 

これがダイエットのいい流れです。

 

中には、溜まっていた老廃物が外へ出るだけで2〜3キロの体重変化が見られたという人もいます。

 

 

おすすめは、毎朝乳酸菌を補給するやり方です。

 

例えば、ヨーグルトに繊維質が豊富なリンゴなどの果物を入れて食べたり、ご飯が主食であれば漬物を取り入れてみたり、飲むヨーグルトもぴったりです。

 

また、ヨーグルトは冷たい食べ物なので、体を冷やしてしまいます。

 

そこで、レンジで40秒ほどチンすると、冷たさを軽減できますし、乳酸菌のはたらきも活発になるので実践してみると良いでしょう。

 

このとき、味が食べにくいと感じたら、オリゴ糖などで甘味をプラスすると食べやすいですよ。

 

オリゴ糖は乳酸菌のエサとなる糖分ですし、血糖値を急上昇させないのでダイエット中にもオススメの甘味です。

 

 

飽きずに続けられる習慣にしていくために、自分に合った方法で実践していきましょう。

 

食事だけで難しい時には、乳酸菌のサプリメントで毎日補うのも良いでしょう。

 

何よりのポイントは、毎日続けて乳酸菌の量をどんどん増やしていくこと。

 

負担にならないやり方を見つけてくださいね。

関連ページ

乳酸菌が妊婦に良いその理由
妊婦さんは口に入るものに気を遣いますが、乳酸菌は取った方が良いと言われます。乳酸菌が妊婦さんに及ぼす影響とは一体何なのでしょうか。
乳酸菌が母乳を健康にしてくれる!?
乳酸菌が足りているママの母乳と、足りていないママの違いとは?乳酸菌が母乳に与える影響について詳しく解説しています。
乳酸菌でニキビ対策も!腸内環境から整えよう!
ニキビに悩む人は乳酸菌が足りていないかもしれません。乳酸菌を取ることでニキビを改善できるメカニズムを解説しています。
肌荒れ改善のために老廃物をなくそう
あらゆる肌荒れ対策に、乳酸菌をとって体の中から綺麗になりましょう。肌荒れにも乳酸菌、その理由をご紹介しています。