MENU

赤ら顔の種類はこれだけありました

顔が赤くなった状態が続くものを赤ら顔と総称していますが、赤ら顔にも原因や症状によって種類があります。
赤ら顔の種類をまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

 

●肌荒れによるもの

 

・かぶれ
・肌のつっぱり
・肌の皮がむける
これらの肌荒れはひどくなると赤みが出たり、かゆみや痛みを伴います。

 

敏感肌や乾燥肌の方に多い赤ら顔のタイプで、化粧品や刺激で症状が悪化してしまうことがあります。
アトピー性皮膚炎の場合には強い赤みや出血してしまうことがあるため、皮膚科で適切な治療を受ける必要があります。

 

●ニキビによるもの

 

ニキビによって炎症が起こるとうっ血し、ニキビの周辺まで赤みが広がります。
数が多ければ多いほど赤くなる範囲は広がります。

 

ニキビによる赤ら顔の場合は、皮脂腺が発達している部位のみで起きるのが特徴です。
目の周辺は皮脂腺が少ないため、顔全体に赤みがあるにもかかわらず目の周りだけ白いままという方はこのタイプの赤ら顔でしょう。

 

●脂漏性皮膚炎によるもの

 

脂漏性皮膚炎は頭皮や生え際など皮脂分泌の多い部位に起きる皮膚炎です。
顔では鼻の周辺や額にできやすいといわれています。
脂漏性皮膚炎による赤ら顔は炎症によって赤くなるだけではなく、かゆみを伴います。

 

●血管膨張によるもの

 

本来肌の下にある血管はほとんど見えませんが、なんらかの原因によって血管が膨張したり皮膚そのものが薄くなってしまうことによって赤ら顔になることがあります。

 

赤面症はストレスや緊張状態が続くと顔の血管に血液が集まり、血管が膨張して顔が赤くなってしまいます。

 

・鼻や頬を中心に顔が赤くなりやすい
・気温の変化で赤みが出る
このようなタイプの方は皮膚が薄い可能性があります。
鼻や頬周辺には毛細血管が密集しているために症状が出やすくなります。
また、皮膚が薄いと気温の変化の影響を大きく受けてしまうので赤くなります。
酒さとも呼ばれ、アルコールの摂取によって症状が強く出ることがあるようです。

 

●更年期症状によるもの

 

女性ホルモンのバランスが乱れることによって顔がほてる、汗が止まらなくなるなどの症状がある場合は更年期症状の疑いがあります。
ほてりによって顔が赤く見えます。

 

 

このほかにも、遺伝による赤ら顔もあるみたいですね。
生まれつきの体質であるため原因を特定することが難しく、治療してもなかなか改善しないことがあります。

 

 

赤ら顔は種類によって対策や治療方法が変わってきますので、自分のタイプを知っておくことが大切ですね。

 

関連ページ

赤ら顔には乳酸菌が良いって本当?積極的に取ったほうが良いのはこれ
赤ら顔に乳酸菌が良いというのは本当でしょうか?乳酸菌が赤ら顔を改善する理由をまとめました♪
赤ら顔の原因と対策まとめ
赤ら顔の原因と対策まとめ!赤ら顔の原因や対策について紹介しています。
正しい洗顔をマスターして赤ら顔を改善しよう!
赤ら顔には正しい洗顔が大切です。洗顔方法をマスターして赤ら顔を解消しましょう♪
赤ら顔の正しい洗顔料の選び方
赤ら顔におすすめの洗顔料は?赤ら顔にはNGの洗顔料についてもご紹介しています。
赤ら顔で悩んでいる人は睡眠を見直そう!
赤ら顔で悩んでいる人は睡眠を見直してみませんか?良質な睡眠は赤ら顔の改善につながります!