MENU

赤ら顔の正しい洗顔料の選び方

赤ら顔はなるべく早く改善したいものですが、体質によるところが大きいので毎日のスキンケアも重要になってきます。
赤ら顔になりやすい人は敏感肌や肌の弱い方が多いようです。
毎日使う洗顔料もよく選んで買うようにしたいですね。

 

 

赤ら顔の方は肌に負担をかけるような洗顔料は使わないようにした方が良いそうです。
最近はお肌のニーズに合わせたさまざまな洗顔料が出ていますが、そのなかでも使用を避けておきたいものをまとめてみました。

 

 

●スクラブ洗顔料

 

スクラブが入っている洗顔料は毛穴の汚れを落とす効果があるため、皮脂の分泌が多い男性に好まれる傾向があります。
ざらざらとした細かい粒子が汚れを掻き出すため肌がキレイになった気がしますよね。

 

しかし、スクラブ洗顔料は肌を研磨してしまうため普通の洗顔料よりも負担が大きく、肌の弱い赤ら顔の人は絶対に使ってはいけません。
角質がはがれることで赤みが強くなったり痛みを感じることがありますので、使用しないようにしましょう。

 

●ピーリング洗顔料

 

肌の古い角質をはがし、ターンオーバーを促す作用があるピーリング。
肌の正常なサイクルを助けてくれるような気がしますが、これもまた赤ら顔には不向きな洗顔料です。

 

ピーリングは肌に負担をかけてしまいますし、角質をはがすことで赤ら顔の薄い皮膚がさらに薄くなってしまう可能性があります。

 

 

このように肌を刺激するような洗顔料は使わないようにした方が良いようです。
では、どのような洗顔料を選べば良いのでしょうか?

 

 

赤ら顔に適した洗顔料はこちらです。
・スクラブやピーリング成分を含んでいないもの
・無添加、低刺激なもの
・敏感肌用
・泡立ちが良く、キメ細かい泡がつくれるもの

 

 

洗顔はこすって汚れを落とすのではなく、泡によって汚れを浮かせて洗い流すのが基本です。
ですからキメ細かい泡で優しく丁寧に洗うことができるものを選ぶのが正しいんですね♪
洗顔後はタオルで強くこすらないようにしましょう。

 

 

ドラッグストアや薬局などでは敏感肌や肌の弱い方向けのスキンケアが豊富に取り扱われています。
低刺激かつ化学成分などの添加物が入っていないものが多く、肌にできるだけ負担をかけないようになっています。

 

 

赤ら顔の改善には洗顔料選びも大切ですが、洗顔後のケアも忘れてはいけません。
しっかりと保湿するようにしましょう。
炎症を抑える作用のあるビタミンC誘導体が配合されている化粧水がおすすめです。
清潔なお肌にたっぷりとうるおいを与えてくださいね!

 

関連ページ

赤ら顔には乳酸菌が良いって本当?積極的に取ったほうが良いのはこれ
赤ら顔に乳酸菌が良いというのは本当でしょうか?乳酸菌が赤ら顔を改善する理由をまとめました♪
赤ら顔の原因と対策まとめ
赤ら顔の原因と対策まとめ!赤ら顔の原因や対策について紹介しています。
正しい洗顔をマスターして赤ら顔を改善しよう!
赤ら顔には正しい洗顔が大切です。洗顔方法をマスターして赤ら顔を解消しましょう♪
赤ら顔で悩んでいる人は睡眠を見直そう!
赤ら顔で悩んでいる人は睡眠を見直してみませんか?良質な睡眠は赤ら顔の改善につながります!
赤ら顔の種類まとめ
赤ら顔の種類をまとめてみました。あなたの赤ら顔の種類はどれかチェックしてみましょう!