MENU

赤ら顔の改善するなら正しい洗顔を覚えよう!

赤ら顔は肌の炎症や敏感肌が原因の場合が多いため、肌への負担はなるべくかけないようにしておきたいですよね。
洗顔は毎日欠かせないスキンケアの基本ですが、方法を間違えると肌に余計な刺激を与えてしまい、赤ら顔の症状を悪化させてしまうこともあります。
知っているようで知らない洗顔方法、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

●正しい洗顔方法

 

手に汚れや雑菌が残っている状態で洗顔するのはNGですので、洗顔前に手を洗いましょう。
顔はぬるま湯で軽くそそぎます。

 

洗顔料を適量とり、空気を含ませるように泡立てていきます。
水を加えすぎると泡立ちが悪くなりますので、量を調節しながら少しずつ泡立てましょう。
キメが細かく、弾力のあるもこもこした泡が理想的です。
泡立てにはコツが必要ですので、うまくできない人は泡立てネットを使うと簡単にもこもこの泡をつくることができます。

 

泡を乗せていく順番は皮脂の分泌が多い部位からです。
鼻・額などのTゾーンからはじめて頬、口周り、目の周りへと徐々に広げていきましょう。
皮脂分泌の少ない部位を後で洗うことによって刺激を最小限に抑えることができますよ。

 

泡を乗せたら中心から外側に向かって、円を描くように泡を広げます。
肌を直接こすらないように注意してください。
指ではなく、泡で洗うことが大切です。

 

泡をすすぐときは、32度くらいのぬるま湯にします。
温度が高すぎると皮脂を必要以上に洗い流してしまい、乾燥の原因になります。
洗顔には流水が適していますが、シャワーを顔に当てるのは絶対にやめましょう。
シャワーの水圧によって肌に刺激が加わり、赤みが増してしまいます。

 

最後に、清潔なタオルを使って水気を拭き取ります。
洗顔後の肌は普段よりも敏感な状態になっているのでゴシゴシこすったりせず、優しく抑えるようにしてくださいね。

 

 

肌の汚れや古い角質を除去し、清潔な状態を保つためには正しい洗顔をマスターしておきましょう。
最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくれば苦になりませんよ♪

 

 

洗顔の後は肌が刺激を受けやすい状態になるので、なるべく時間を置かずに保湿ケアをしてください。
保湿することで肌をバリアすることができますし、赤ら顔が悪化する原因になる乾燥を防ぐことができます。
化粧水や保湿クリームでかゆみを感じる方でも使える敏感肌用のスキンケアアイテムがありますので、肌にたっぷり水分を与えてあげましょう。
毎日の丁寧なスキンケアで赤ら顔を改善しましょう!

 

合わせて読みたい!
赤ら顔の正しい洗顔料の選び方

関連ページ

赤ら顔には乳酸菌が良いって本当?積極的に取ったほうが良いのはこれ
赤ら顔に乳酸菌が良いというのは本当でしょうか?乳酸菌が赤ら顔を改善する理由をまとめました♪
赤ら顔の原因と対策まとめ
赤ら顔の原因と対策まとめ!赤ら顔の原因や対策について紹介しています。
赤ら顔の正しい洗顔料の選び方
赤ら顔におすすめの洗顔料は?赤ら顔にはNGの洗顔料についてもご紹介しています。
赤ら顔で悩んでいる人は睡眠を見直そう!
赤ら顔で悩んでいる人は睡眠を見直してみませんか?良質な睡眠は赤ら顔の改善につながります!
赤ら顔の種類まとめ
赤ら顔の種類をまとめてみました。あなたの赤ら顔の種類はどれかチェックしてみましょう!